© 2019 Fumi Yamamoto All Rights Reserved.

国立国語研究所 国際シンポジウム発表

September 10, 2018

 

先日行われた国立国語研究所(NINJAL)の国際シンポジウム「日本と北東アジアの消滅危機言語 ―記述・ドキュメンテーション・復興―」で、「言語復興の港」チームで発表を行いました。

 

発表はリレー形式で、それぞれが言語学者、話者(沖永良部島)、デザイナー/イラストレーターとしての立場から言語復興の取り組みについてお話しました。

 

---

[発表テーマ]

 

コーディネーター:山田真寛(国立国語研究所)

 

山田真寛(国立国語研究所) 

“Port Language Revitalization Project” 

 

山本史(京都市立芸術大学)

 “Linguists, community members, and designers 

-Why do we collaborate for language revitalization?” 

 

横山(徳永)晶子 (国立国語研究所 / 日本学術振興会特別研究員) 

“Action research in endangered language communities” 

 

松村雪枝 (知名町文化財保護審議委員会(沖永良部島))

“A Role of Mother Tongue”

 

---

[各発表の詳細] 

レジュメとアブストラクトをご覧いただけます。

http://www2.ninjal.ac.jp/ael/program.html

---

 

会場では、活動の中で制作している沖永良部島、与那国島、竹富島、多良間島の絵本とその文法解説、写真集、プロダクト(ことばカード、バッジ、ポストカード)などの展示も合わせて行いました。

 

取り組みについては、様々な方からご意見、アドバイスをいただくことができました。

しったい みへでぃろどー!(どうもありがとうございました!)

 

写真撮影:上村健太郎さん、富岡裕さん

 

------

 

Port of Language Revitalization gave a series of presentations in an international symposium "Approaches to Endangered Languages in Japan and Northeast Asia: Description, Documentation and Revitalization" held at NINJAL on August 6th, 2018.

 

We talked about our approaches to language revitalization from the perspective of a linguist, a native speaker consultant and a designer / illustrator.

 

YAMADA Masahiro (NINJAL) “Port Language Revitalization Project” 

YAMAMOTO Fumi (Kyoto City University of Arts) “Linguists, community members, and designers -Why do we collaborate for language revitalization?” 

YOKOYAMA Akiko (JSPS/NINJAL) “Action research in endangered language communities” 

MATSUMURA Yukie (Council for Protection of Cultural Properties, China-town, Okinoerabu ) “A Role of Mother Tongue” 

 

You can see the resumes and acstracts on the site: 

http://www2.ninjal.ac.jp/ael/program.html

---

 

We also exihited our products: picture books, grammar explanation, photo books, cards and badges created in Okinoerabu, Yonaguni, Taketomi and Tarama Islands.

 

We really appreciated all the warm messages and advice we received there.

Mihedirodoo (Thank you very much!)

 

Photographer: Kentaro Uemura and Yutaka Tomioka

 

 

会場で、「言語復興の港」で制作していることばのコンテンツの展示も行いました!

 

 

こちらは沖永良部島のことばで書かれた「みちゃぬ ふい」。(作: まつむら ひかる、絵:やまだ まさひろ) 

 

 

沖永良部島、下平川のことばの話者である松村雪枝さん。 

 

国立国語研究所の言語学者、山田真寛さん。 

 

 

国立国語研究所/日本学術振興会特別研究員の言語学者、横山(徳永)晶子さん。

 

 

私もお話させていただきました。

 

 

 

 

Please reload