© 2019 Fumi Yamamoto All Rights Reserved.

 
NEWS & BLOG

September 10, 2018

先日行われた国立国語研究所(NINJAL)の国際シンポジウム「日本と北東アジアの消滅危機言語 ―記述・ドキュメンテーション・復興―」で、「言語復興の港」チームで発表を行いました。

発表はリレー形式で、それぞれが言語学者、話者(沖永良部島)、デザイナー/イラストレーターとしての立場から言語復興の取り組みについてお話しました。

---

[発表テーマ...

September 10, 2018

アーティストの支援を行うコダンナプロジェクトの松岡温彦さん、建築家ユニットのモノスタ'70さん、デザイナーの草場幸野さんとのコラボレーションで、ミニ書見台が完成しました!私は書見台に使うファブリックのデザインをさせていただきました。

いつでもどこでも手ぶらで文庫本が読める、アイデアぎっしりの楽しいプロダクト。現在個展を開催しているにっぽん丸...

June 12, 2018

山本史 個展 [A long long holiday] が商船三井のクルーズ客船 にっぽん丸内 NIPPONMARU GALLERYで開催中です。船上ツアーへの参加にご興味のある方は、ぜひ船旅の間にギャラリーにお越しいただければ幸いです。


-----

●会期:2018/6/13(wed) - 9/21(sun) 
●会場:商船三井客船 に...

May 3, 2018

神戸のギャラリー5BANさんで開催中のグループ展、「春の作品展 さえずり」に今年も参加させていただいています!

八重山諸島にある与那国島の民謡を元に、島の幼稚園の先生、言語学者さん達と協力して、島ことばと標準語、英語の3言語表記で作った絵本「ディラブディ」の原画、同じく与那国島のことばが学べる学習リーフレット付きのどぅなんむぬい(与那国語)...

March 4, 2018

神戸大丸店5Fのベビーステーションがリニューアルオープン。
インテリアのディレクションとデザインは the laB. media solutionの皆さま、私は壁面イラストレーションとインテリアデザイン提案で関わらせていただきました。

テーマは「森」。小さいお子さんのいる方々、お近くにお越しの際はぜひ一息つきにいらしてください♪

ファサードや...

September 13, 2017

沖永良部島の未来や持続可能な暮らしを考える [ 沖永良部シンポジウム ] の子どもワークショップで、島の子どもたちと「海と森と生命のつながり」というテーマで大きな大きな絵を描きました!

2時間という限られた時間の中、想像をはるかに超える子どもたちのエネルギーで、島の暮らしや自然、島のことばがぎゅっとつまった横幅6m×高さ2.5mの絵があっと...

July 16, 2017

山本史 個展 [海と島のものがたり] -言語復興の港・島ことば民話絵本シリーズ- が大阪の天王寺あべのHoopで開催中です。
-----
●会期:2017/7/15(sat) - 7/30(sun) 
●時間:OPEN11:00-21:00(不定休、基本的に毎日オープン) 
●会場:カワチ画材あべのHoop店 (JR天王寺駅または近鉄あべ...

April 5, 2017

[5ヵ国の芸術大学によるイラストレーション展・"内と外"]がイタリアのボローニャで開催中です。展示には、京都市立芸術大学VD専攻3回生も参加しています。私は展覧会ポストカードのデザインとイラストレーションを担当させていただきました。(ディレクション:辰巳明久先生)

[INSIDE/OUTSIDE Exhibition] is now ope...

March 15, 2017


先日、ハワイ大学で行われた言語学会ICLDC5で、[言語復興の港]プロジェクトで取り組んでいる多言語表記絵本の取り組みについて、言語学者の山田真寛さん、奄美諸島の沖永良部島のことば「ひょーむに」話者で郷土研究者の松村雪枝さん、私の3人で発表してきました。
 

現在制作中の複数の多言語表記絵本(沖永良部島、与那国島、竹富島、多良間島のことば...

March 12, 2017

「何もしなければ」近い将来なくなってしまうかもしれない消滅危機言語を次の世代の子ども達に残していく[言語復興の港]プロジェクトの一つとして、八重山諸島の与那国島のことばをバッジとリーフレットで楽しく学習できる、「どぅなんむぬい(与那国のことばという意味)バッジ」ができました。

学習用リーフレットのテキストとバッジのことば監修は言語学者の...

Please reload