NEWS & BLOG

May 1, 2019

 

大丸神戸店のキッズフロアのランドセル売場のフォトブースのデザイン&イラストレーション制作に参加させていただきました。

ランドセルをご購入いただいたお子さん向けで、キッズフロアのイメージキャラクターたちが描かれた背景パネルや等身大の半立体のボードやプロップスと一緒に写真が撮れる仕組み。ちょっと舞台セットのような仕上がりになっています。

制作サ...

March 3, 2019

沖永良部島のことば絵本、「シマノトペ」ができました!

『シマノトぺ』は沖永良部島のオノマトペ(擬音語・擬態語)をリズムで覚えられる絵本です。

言語学者の横山晶子さんが島の面白いオノマトペを集めて作った、おきのえらぶの一家のお話に、ちょっと昔の島の日々の暮らしや動物たち、鮮やかな海や植物などの絵をつけさせていただきました。


巻末には初めての...

December 5, 2018

12月6日に東京の日本学術会議で開催された、第18回アジア学術会議「科学と社会委員会及び若手アカデミー合同セッション」で、プレゼンテーションを行いました。

国連が提唱している『持続可能な開発のための2030アジェンダ』(SDGs)をベースに、「他者との共生」というテーマに対する学術貢献の可能性という観点から、3人のゲストスピーカーの中の...

November 27, 2018


 

[言語復興の取り組みが琉球朝日放送で取り上げられました]

11/28の琉球朝日放送(QAB)の6:25pmからのニュースQで、与那国島の言語復興の取り組みや宮古島で開催した危機言語・方言サミットの様子が紹介されました。
本放送は終わってしまいましたが、ウェブでも放送のダイジェスト版やまとめ記事をご覧いただけます。「ちょっと変わった研究者...

November 24, 2018

神戸のギャラリー5BANさんで開催のグループ展、「冬の作品展 Brooch」に今年も参加させていただきました!

私は木匙に絵付けした「木さじブローチ」、木のマトリョーシカに絵付けした「ダルマトリョーシカ」、白い焼き物に絵付けした「白い生き物シリーズ」を出品しました。

ブローチは普段作らないので、試行錯誤しないといけない反面、制作していてとても...

September 14, 2018

ベビーステーションに続き、大丸神戸店のキッズフロアのリニューアルに関わらせていただきました。

私の担当パートは遊具スペース、くまのFRPキャラクター、ウィンドウディスプレイ、ウェブサイト、アニメーションのためのイラストレーションなど。

「神戸の海と山」「宝探しの冒険」をテーマに、少年少女、動物のキャラクターたちが冒険の旅に出発♪リニューア...

September 10, 2018

先日行われた国立国語研究所(NINJAL)の国際シンポジウム「日本と北東アジアの消滅危機言語 ―記述・ドキュメンテーション・復興―」で、「言語復興の港」チームで発表を行いました。

発表はリレー形式で、それぞれが言語学者、話者(沖永良部島)、デザイナー/イラストレーターとしての立場から言語復興の取り組みについてお話しました。

---

[発表テーマ...

September 10, 2018

アーティストの支援を行うコダンナプロジェクトの松岡温彦さん、建築家ユニットのモノスタ'70さん、デザイナーの草場幸野さんとのコラボレーションで、ミニ書見台が完成しました!私は書見台に使うファブリックのデザインをさせていただきました。

いつでもどこでも手ぶらで文庫本が読める、アイデアぎっしりの楽しいプロダクト。現在個展を開催しているにっぽん丸...

June 12, 2018

山本史 個展 [A long long holiday] が商船三井のクルーズ客船 にっぽん丸内 NIPPONMARU GALLERYで開催中です。船上ツアーへの参加にご興味のある方は、ぜひ船旅の間にギャラリーにお越しいただければ幸いです。


-----

●会期:2018/6/13(wed) - 9/21(sun) 
●会場:商船三井客船 に...

May 3, 2018

神戸のギャラリー5BANさんで開催中のグループ展、「春の作品展 さえずり」に今年も参加させていただいています!

八重山諸島にある与那国島の民謡を元に、島の幼稚園の先生、言語学者さん達と協力して、島ことばと標準語、英語の3言語表記で作った絵本「ディラブディ」の原画、同じく与那国島のことばが学べる学習リーフレット付きのどぅなんむぬい(与那国語)...

Please reload

© 2020 Fumi Yamamoto All Rights Reserved.