NEWS & BLOG

February 1, 2020

2019/11/27~2020/1/31まで行った、言語復興の港チームによる「「いま何もしなければ」なくなってしまう琉球諸語の絵本を出版」クラウドファンディング。

当初の目標金額を大きく超えて、プロジェクトを成立することができました。ご支援総額は4,185,000円、304名の方々にご支援いただきました。

しかいとぅ みーはいゆー!(竹富)ふ...

November 30, 2019

【 琉球諸語の絵本を出版するためのクラウドファンディングに挑戦中です!(2020/1/31まで) 】

私も参加している「言語復興の港」プロジェクトチームで、4冊の島ことばの昔話絵本を出版するためのクラウドファンディングに挑戦中です。

今なにもしなければ近い将来なくなってしまうと言われている「消滅危機言語」が日本には8つあり、そのうちの6つは奄...

October 6, 2019

言語復興の港」の活動を象徴するイメージビジュアル「出航」と「島の輪」、2つのイラストレーションを使った楽しいTシャツが完成しました!

「港」のトレードマークになるよう、さっそくこの夏はメディア取材や竹富島や沖永良部島のイベントの時などに着用して、気分を盛り上げてみました。

竹富島の美しい風景をバックにTシャツを着ているのはメンバーの山田真寛...

December 5, 2018

12月6日に東京の日本学術会議で開催された、第18回アジア学術会議「科学と社会委員会及び若手アカデミー合同セッション」で、プレゼンテーションを行いました。

国連が提唱している『持続可能な開発のための2030アジェンダ』(SDGs)をベースに、「他者との共生」というテーマに対する学術貢献の可能性という観点から、3人のゲストスピーカーの中の...

September 10, 2018

先日行われた国立国語研究所(NINJAL)の国際シンポジウム「日本と北東アジアの消滅危機言語 ―記述・ドキュメンテーション・復興―」で、「言語復興の港」チームで発表を行いました。

発表はリレー形式で、それぞれが言語学者、話者(沖永良部島)、デザイナー/イラストレーターとしての立場から言語復興の取り組みについてお話しました。

---

[発表テーマ...

August 11, 2016

参加している「言語復興の港」プロジェクトのメンバーの山田真寛さんが「ほぼ日刊イトイ新聞」のコンテンツ、「ほぼ日の塾 発表の広場」でプロジェクトの取り組みについてインタビュー記事を作成し、掲載されました。

インタビュー記事: 楽しげな人たち

何もしなければ近い将来消滅してしまう言語を、次の世代に伝えるための取り組みがどのように始まったの...

Please reload

© 2020 Fumi Yamamoto All Rights Reserved.